FC2ブログ

スポンサーサイト

--⁄--⁄--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP

初めて飲んでくれた

2011⁄02⁄12(土) 10:21
谷川岳の記事にも書きましたが、妻のフェラの経験は私のチンコのみ。
       下手なので間違いないかと(笑)


ある冬のこと。

夜中にS美から電話。   携帯なんて全く存在しない時代。
都内の公衆電話から掛けているようで、これから行っても良いかと。
こんな時間に?と思い事情を聞いてみると、飲んでいて終電が無くなったと。
しかも男と一緒で、泊まろうと誘われていると言う。なので行くあてがあれば逃げ出せそうだと言うのだ。
S美の住んでいる病院の寮の方が遙かに近いのに、彼の所に行くと言った方が良いような雰囲気らしい。



スポンサーサイト
[PR]

TOP

冬山でも不埒な行動

2011⁄02⁄09(水) 15:32
 結婚をする前年?の暮れだったか、二人で谷川岳に。

 知らない人に『谷川岳』と言うと、魔の山だと思っている人が多いのですが、岩場を除けばただの山。 まあ、気象条件が厳しい山なので天候の急変などで遭難する人が多いのは事実です。
 そんな谷川岳が私は大好きで、岩から尾根まで何度通ったことか。

 彼女(こう打ち込むのは面倒なので、以下S美とします)を初めて冬山に連れて行ったのもこの谷川岳。 当時は、キスどころかまだ手も握らない純愛関係(笑)

 その後も何度か連れて行きましたが、最近になって『暗い山』と言う感想を持っていたのを聞きガッカリ・・・良い山なんだけどなぁ。


 話を戻しますが、その暮れの登山。 西黒尾根という一般的なルートから入山。
 年末年始は入山者が多く、踏み跡がしっかりと付いているので、ドカ雪が降らない限りラッセルの必要もなく楽に登れます。


 スタートが遅かったので、その日は樹林帯でのテント泊。

TOP

キャンプ場でのエロイ・・・

2011⁄01⁄19(水) 16:52
Yahooブログから持ってきました。 アチラは、ブログを開設した上でファン登録をして頂かないと見ることが出来ない設定になっています。 こちらは結構なんでもありですからね(笑)

このHな思い出カテにアップしてある記事は、ほぼ実話ですが・・・何か?





もう何年も昔の事、、、夏休みに、東北のとあるキャンプ場に。

妻の実家も近いので、姪っ子二人も連れて総勢6名。 当時、姪っ子もまだ小学生だったかと。

キャンプ場とは言っても町営の小さな施設。 特別な設備はなく、炊事場とトイレのみ。 テントを10張りも張ると一杯になる程度です。



夕方、早めに食事を済ませ、子供達はテントの中でキャーキャーとはしゃいで遊んでいます。

子供4人はテントで寝かせ、妻と二人外でフライシートにくるまって寝る事に。

外はまだ薄明るい時間。 近くを人の行き来がありますが、顔だけを出して並んで星を見ていました。
 その内、二人してもそもそと。



TOP

山で

2011⁄01⁄14(金) 13:31
 妻とは山が縁で知り合った仲。
          結婚後も良く二人で登山に出掛けた。

                  z_20110114132931.jpg


 新婚時代のある日、日帰り登山からの帰りに薄暗くなった林道に車を走らせた。

 運転を初めて間もなく、助手席で寝むそうにトロ~ンとしている妻の横顔を見ると、突然ムラムラと勃起してしまった私は、妻の手を硬くなった股間に押し当て揉んで貰う。妻は助手席で眠くなると、運転している私の股間を『眠気が取れる』とか言いながら揉みはじめる事が良くある。 逆に妻に運転をして貰うとき、妻が眠くなると「触って」と言って、手を入れやすいようにチャックを開けたり座り直したりして隙間を作ってくれる。 何とも淫乱な妻だ。

TOP

初めての女性・Mさん 3

2009⁄08⁄07(金) 19:03
その後Mさんからは
「お金がもったいないからお店に来てくれなくても良いよ」と言われましたが、バイト代が入った時などには顔を出していました。
顔を見ると、もちろん大歓迎してくれましたが。

店にはあまり行かなくなっても、彼女のアパートには週1,2回は通っていました。
出勤前の昼間だったり、閉店後に店の前で待っていて店の託児所から子供を連れて一緒に帰ったり。 身持ちの堅い彼女は、閉店後にお客さんと飲みに行ったりはしていないようでした。 突然店の前で待っていても、いつもOKでしたから。

もちろん、こづかいを貰ったりはしていませんでした。
       でも、行くたびにSEXはさせて貰っていました。

TOP

初めての女性・Mさん 2

2009⁄08⁄05(水) 19:01
その後、彼女の体中を触りました。 もちろん大事なところも触りながら指を入れさせてもらいました。 ヌルヌルしていて興奮しました。
ストリップには行った事はあったので、生で見るオマンコは初めてではありませんでした。
ストリップではステージに上がった事はもちろんありませんが、最前列で天狗の鼻を踊り子さんのオ○ンコに入れさせて貰った事は何度か。


間近でMさんのオ○ンコを見て、しかも『このオマンコに入れるんだ』と思うと感無量。 クンニは彼女の指導で、たっぷり舐めさせて貰いました。
 

TOP

初めての女性・Mさん 1

2009⁄08⁄04(火) 11:35
21才の学生時代。 
バイトしては友達と飲み歩いていました。

東京都下のとある街のキャバレー。 開店早々に入店すると、指名しても安く飲める明朗会計。 学生でも遊べます。

お目当ては、華奢で可愛いMさん。 友人はお気に入りのRさんを。 
   週一くらいで通い、やがて色々と話してくれるようになり、24才で子持の母子家庭だとも。

その内、休日の昼間にプライベートで誘ってくれるようになり、子供を連れて遊園地や動物園に一緒に行くようになりました。 友人とRさんも一緒の、清いグループ交際です。

体の関係を迫るなんて事はとんでもない綺麗な関係。
でも、帰ると決まってMさんを思いながらチンコを慰める日々。



TOP

初めての風俗

2009⁄08⁄04(火) 11:29

風俗と一言で言っても各種ありますね。

性的なサービスのある場所が風俗というカテゴリーにはいるようなのですが、どこからが風俗なんでしょう。 
 お姉さんが隣に密着してくれて話をしたり、お酌をしたりしてくれるお店も風俗にはいるのかな?


そんな中で、初めてその様な店に行ったのは、高校を出た直後の夏休み・・・もう遥か昔のことです。

帰省中にクラス会。 まだ未成年なのに皆偉そな顔をして飲みます。

徐々にメンバーは消えていき、3次会には3人。

学生の私は当然軍資金は底がつきそう。
 安くてHな店・・・そうはありませんが、慣れたヤツがボーイさんと交渉して入店。

安い=ホステスさんに難あり。
そのはずが、隣に付いてくれたお姉さん(オバサンだったかも)は感じのいい人で、キスをさせてくれ、色々と触らせてくれました。 童貞だと話すと更にサービスを。
胸を出してくれて、しゃぶらせてもくれました。 私は狂ったように何度も唇を吸い、おっぱいにしゃぶり付いていました。

その内、私の手を熱い場所に導いてくれ、初めてオ○ンコを触り、指まで入れました。
その時の感触は、ヌルッとしていて暖かかったと言う位しか覚えていませんが。
クリッとしたクリトリスも教えてくれました。 そのお姉さんも、感じて大きくなっていたようでした。 
ズボンの上からでしたが、勃起したチンコを握って貰ったり、膝に乗ってお尻でグリグリもして貰い危うく射精しそうに。

しかし、そこで時間に...


軍資金があればもっと長居出来たのに、後ろ髪を引かれる思いで・・・・解散。

また行こうと思いながら、もう数十年経ってしまいました~


blogram投票ボタン ←クリックしてね♪

TOP

谷川温泉

2009⁄07⁄31(金) 18:15
彼女(妻)と初めて温泉に行ったのは、水上からちょっと入った所にある『谷川温泉郷』

初めて抱いてから3ヶ月ほど経った、3月のとある土曜日の午後。

彼女を勤務先の都内の病院まで迎えに行き、その場から一軒の宿に公衆電話で空きを確認。 買ったばかりの超オンボロ車で一路谷川岳を目指しました。 コンドーム満載で♪

  その後知ったのですが、その時のエンジンオイルは、ほとんどカラに近い状態。
  しかも残っているオイルもかなり劣化した状態でした。
知らぬが仏です。


到着は夕食の時間はとうに過ぎており、広い食堂での二人だけの食事。

TOP

出勤前に、着たままで

2009⁄07⁄29(水) 10:03
結婚して間もない頃。 まだラブラブな毎日♪

妻は看護師として都内の病院勤務。 その日は夜勤のために夕方の出勤。 近くで自営業を営んでいるので、妻を駅まで送るために一旦自宅に戻りました。

なぜかその日は、ふわっとしたスカートのワンピース姿。 毎晩の様に愛し合っているのに、その可愛さに股間がムクムク。

電車の時間にまだ余裕があるので
「ちょっとだけ舐めさせて」
「ダメだよ、これから...」   
この返事も聞かないうちに押し倒してスカートに頭を突っ込みます。
「やめてよ~っ!」
と言いつつも足を開いてくれる妻。

陰部を覆う小さな布に鼻を付け臭いを嗅ぎます。 いつ嗅いでも良い匂いです。

     羽鳥 眞子 21

匂いをクンクンと嗅いだだけで、妻も腰を動かします。  恥ずかしい匂いを嗅がれただけで感じてしまい、濡れてしまう妻です。

TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。